BLOG

ブログ

カメラでよくわからない用語の一つ、ホワイトバランス。
慣れてしまえば難しくないのですが、慣れるまでがめんどくさい。

ホワイトバランスとはなんぞや?

赤セロハンで光源を覆うと光が赤くなるように、総じて自然光でもなんでも光は様々な影響を受けて色を変えます。
アンティークカフェで撮影したらやたら写真が黄色い、とか街中夜景撮ったら何故か青いというのは誰しもがあるはず。

人間の目だと自然に白にしてしまうものも、カメラのセンサーを通せば色がついてしまう。それを、この色が白だと定義するのがホワイトバランス。

どういう風に使うのか?

基本的にオートホワイトバランス=AWBモードで運用が間違いないです。
条件がしっかり決まっている場合、例えば曇天や室内昼白色、きちっと光源の元がわかる状況であれば設定してもいいのですが、条件変わる際に忘れるとそれなりにひどいことになるのでお勧めしません。こういうのはカメラのCPUに任せてしまいましょう。
RAWで撮影しておけば後で調整も効くので神経質になるべきパートではあまりないかもしれません、が。

昼光
タングステン

こんな風に使う

上に書いたのが基本的な使い方。
撮影の基本は、レタッチでできることとできないことを分けておく、撮影でできることは撮影でしておく、です。記録写真ならAWBでよかったのですが、ポートレートはまた別、何故ならば被写体と雰囲気を確認していく作業が必須になるからです。

自分なりのカラーを出したい、ストロボとの兼ね合いなどでホワイトバランスは変わります。ストロボで色をつけたり、あるいはブラックボックスにして浮かせるのか、用途によってホワイトバランスは変えていかないと思い通りの結果は出ません。これらはストロボの使い方を学ぶにしても、狙っている状況があればホワイトバランスは変えていきましょう。
撮った写真を被写体に確認してもらうにあたり、一番重要なのは全体の雰囲気、特に構図と色になります。モデルなどはそれに従ってポーズを考えてくれるので、コンセプトがある場合は最初からしっかりと設定しておきましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。