BLOG

ブログ

読めばわかる、みたいなものでしょうからあまり解説もないようですが、今回撮影でちょっと思ったことがあったので反省も込めてブログにしてみます。
主に初心者向け。

フォーカスとは

焦点=ピントを合わせること、です。
昨今はオートフォーカス、AF性能があがったおかげで、レンズ側が非対応ではない限りAFにしている場合が多いと思いますし、瞳AFや顔判別など様々な機能があって便利になっています。

オートフォーカスには欠点がある

万能そうに見えますが、あくまでカメラが判断しているに過ぎません。ある程度撮影者側で指示を出してあげないととんでもないところにピントがあってしまい、被写体がピンボケしてしまいます。
そこで設定してあげるのが、フォーカスエリアとモードです。
機械苦手な方は結構ここで詰まると思います。

フォーカスエリアについて解説

エリアはどの範囲にピントを合わせるかを指示します。
SONY公式の画像解説はこちら

ワイド>モニター全体からピントを合わせてくれる。私は集合写真とか風景とかに使います。
ゾーン>ワイドが少し狭くなって動かせるようになる。私は風景やスナップで使います。
中央>中央にピントを合わせます。ここでロックして、首振って構図ずらしたりする小技がありますが、結構モデルさんからは不安らしい。ポートレートからスナップまで幅広く。
フレキシブルスポット>ポインタでフォーカスエリアを移動させられる。

大まかにはこんな感じです。
私はスナップ撮りに行くときはゾーン、普段+ポートレートでは中央にしています。写したいものがどこにあるのかを考えて、エリアを設定しておくといいです。

フォーカスモードについて解説

公式はこちら
名称から効果がイメージしやすいエリアと違ってモードは結構めんどくさいです。

AF-S>AutoFocus – Single、むしろStopなのではと思います。一度フォーカスしたら、モニター上のピント位置は動きません。止まっている被写体の時に使います。
AF-C>コンティニュアスAF。フォーカスした対象を自動で追尾します。動いている被写体に有効。
AF-A>上記二つを自動判別します。

他に、
DMF>AFした後にフォーカスリングで微調整できます。
MF>AFをやめてマニュアルでフォーカス調整します。AF対応していないレンズだと自動的にこれになります。

AF-Aは機械判別なので結構急ぎのシーンで使うと挙動が適正でない場合があります。私はポートレート撮影時はDMFにしています。他は基本AF-Sです。

さて、シチュエーション別に考えてみる

Adobe Stock Photoから

例えばこのシーン後ろの金髪メンズ にピントがあっていません。
カメラマンの辛いところはこの判断を瞬時にする、または事前に準備をしていかないと、こういうシーンに出会った時に写真にできないという点です。

仮にこのシーンに突発で出くわして、AFオンにした時、後ろの列に瞳AFがあってしまったらどうしましょう?
あるいはエリアがフレキシブルでモニター上部にあった場合、ほぼ確実にピンボケの写真ができてしまいます。
この場合、フォーカス上でどうにかするならば、エリアはワイドかゾーン、モードをAF-Sにしておけば、余程F値が間違っていなければこんな素敵な写真を残せます。

今日一番焦ったのは同じようなシチュエーションでした。
卒園式の撮影でしたが、後ろの保護者に瞳AFがあってしまい、ピンが取れないというシーンが何度かありました。普段ですと次の式次第に合わせてフォーカスや露出をいじるのですが、今回は余裕がなかったので反省しきりです。

副業、特に記録写真を撮る人に伝えたい

写真は一瞬一瞬の切り取りです。
モデル撮影であっても表情や雰囲気は一期一会で、その時その時でしっかり想定しておかないとこういう失敗をしてしまいます。
特に記念撮影の場合は一生の思い出の一助になるわけですから、なるべくならミスを少なく、満足いくような写真を届けたいのはプロ、アマ問わずカメラマン共通の思いではないでしょうか。

必ず現場を想定する。
しておけば、判断するリソースが減るので突発の事態にも対応しやすくなります。次回から活かしていければと思います。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。