BLOG

ブログ

結構難しい、というより手間だぞ…
クラファン成功かと思いきや結構な勢いでネガティブ評価が増えているPeak Designトラベルトライポッド。三脚の再発明とかいろいろ言われてて、私的にもお気に入りなんだけど世間の評価はせち辛い様です。
私的に畳む時指を挟むのが超減点なんだよな😂

経緯

冬の砂浜撮影があって、三脚持って行ったわけですが、案の定砂が入りました。
まあ覚悟していたのでいいのですが、以前から足を畳む際、少々違和感があったので調整方々分解整備をしようということで頑張ります。

方法

基本的にこの動画の通りですが、結構長いので解説。
今回は脚部分の取り外し整備です。

脚部分のネジははアーレンキーで外せます。アーレンキーは三脚の脚のどこかについているはず。細い方を使って回せば外れます。
パーツとしては簡単で、ネジ、ネジ受け、ワッシャー、爪をうける黒いワッシャー、爪の5点。

外れるとこんな感じなので、力一杯抜くと外れる。
その後は拭き掃除して戻していく。
作業工程としては非常に簡単だけど、合計15本これをやるのは結構しんどいと思う。

必要な道具

アルコールクリーナーとダスター、そしてダイソンで十分でした。
整備後はシャキシャキなっていたところがスムーズになり、爪の締め加減も調整できてご機嫌。

その他

写真中にもありますが、やはりアルミ製の三脚だとスレで傷が残る模様。
整備してわかりましたが、見えないところでかなりの傷が😥
カーボンおすすめと以前書きましたが、追加投資できるなら真面目に買い増ししたいくらい。

巷の評価はイマイチ感ある様ですが、自分としては重いのと指を挟む以外はご機嫌のアイテムです。
スムーズに展開できるのと、アルカスイス対応の雲台が一番ですね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。