BLOG

ブログ

ボケてる写真を撮りたい人向け。

アマチュアですが、ちょっとした写真講座の講師をやったのでその振り返りも兼ねて。
カメラの構造や歴史とかめんどくさいことは省きます、とにかくボケてある程度一眼で撮った!みたいな写真が欲しい人向け。

まず一眼レフカメラを購入して迷うのがモードダイヤル。
SONYならば、M>S>A>P>AUTOなどなどと並んでおり、AUTOはともかく他はよくわからない、難しい、から使わなくなる、という方が多いはず。
スマホでも簡単に簡単に撮影できる時代になったけれども、何もかもAUTOやスマホのCPUに任せるのはもったいない。人の手が介在してこそいい写真になるはず、そんな気持ちがある方はぜひ読んでいってください。

どのモードを使うのか?

Aモード/Avモード>絞り優先
Sモード/Tvモード>シャッタースピード優先(別ページで解説)

この二つ以外はとりあえず忘れましょう。

A/Avモードとは何か?

上にも書いておきましたが絞りを優先するモードです。絞りとはなんぞやというと、こういうことです。

お気づきでしょうか?

上が絞ってある状態、下が反対に開放してある状態です。
写真はレンズから光を取り込んで絵にしますので、絞ってあるば当然光が減る、開放してあれば光が増える。カメラでの数字はF値で示されます。

F値でボケをコントロールする

F値が小さいと背景がボケる!
F値が大きければ大きいほど、ボケる背景が狭くなる!

こんな感じです、後ろのハーバリウムにご注目

ただこれだけで覚えてください。
被写体深度とか色々こめんどくさいことはまだ覚えなくていいです。

最初のダイヤルはそもそも何のためなの?

手順通りに進んでいれば、今はAモード/Avモード=絞り優先になっているはずです。
このモードの意味は、「絞り値は手動で決めてね、あとはカメラが決めますよ」という意味になります。ボケ具合は人が決めてくれれば、あとはある程度カメラ側で見れる程度の明るさで撮るよ!という半オート。

ここまで来ればわかると思いますが、AUTOモードは全部お任せ、Sモード/Tvモードはシャッタースピード優先、Pモードは露出補正のみ手動、になります。

何でこんな機能が搭載されているかというと、上にも書きましたがカメラはレンズを通してセンサーで光を捉えて像にします。この光の条件は、絞り(F値)、シャッタースピード(S)、ISO感度と様々な条件に自然光やらストロボやら露出補正やら諸条件で変化します。
師匠がよく覚えればカメラは簡単と言いますが、この諸条件さえ同じであれば誰でもプロと同じ写真を撮れるのがカメラです。
ですが、その光を、商材撮影や芸術として捉えている写真家と同条件で捉えることは難しく、そこでメーカー側で考え出されたのが半オートとでもいうべき、人が考えるべき要素を優先するモード、A、S、P、オートモードです。

モード撮影で練習になるの?

師匠の講座ででた話題ですが、そんなわけはなくむしろプロもAモードやSモードをよく使うそうです。AIが云々という話題がよく出ますが、住み分けとしてはとても健全ではないでしょうか。

ちなみに、私はほぼほぼ開放(最小F値)でしか撮影せず、M=全部手動で撮っています。慣れてくるとこっちの方がイメージしやすいのもまたカメラの妙。

カメラの面白いところはこの数字のせめぎ合いで、そこにさらに環境光で調整したり、あるいはモデルさんと対話したりできるところじゃないかなと感じています。
多分、この辺りを検索で飛んでくる人はキットレンズ(一眼を買った時についているレンズ)の方も多いと思います。
ぜひ、二本目はF値の低いレンズを選んでボケを楽しんでください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。