BLOG

ブログ

クラファン界隈で話題になったPeak Designの旅行用三脚がついにやってきました。十二月発送予定だったのが一月に。それだけ人気だったのでしょう。
発送は中国工場から直でした。

まずは開封してみて

今まで使っていたのがOEMメーカーの普通の三脚です。アルカスイス製の雲台があれば何でもいいという気持ちで重視していなかったのですが、風景撮影をしはじめてからは選び方を間違ったと思っていました。
そんな中でクラファンの話が出たのですぐに申し込んだのです。

こんな感じで、外箱とケースに入ってきます。
外箱は蓋がゴム製で保管用途向き、めっちゃ高級感感じます。この辺はPeak Design安定のクオリティ。
トラベルとついているだけあってケースもしっかりとした縫製です。これにアンカーつけて背負えるし、本体にアンケーをつけても大丈夫。

本体はどんな感じか?

やだ、かっこいい。。。
安定のPeak Design。ただ、裏面に薄い傷などもあり、この辺りも縫製の甘いPeak Designを背負っているようです。
アルミは脚を出したりする時にシュルシュルと音がします。
後で触れますが、カーボンは多分ならないと思われます。
購入の決め手になった脚の伸縮についてはスムースで、とても気に入りました。ただ、一点気になるのが、三脚を閉じる時に指を挟みかけたことが何度かありました。Peak Designの三脚購入について、決め手になるのがウリである容積かと思います。畳んだ時のサイズ感はさすがなので、しょうがない感じでしょうか。

AddOnは、スパイクは足の一番下をアーレンキーで外して付け替え形。
悩んだのがUltra Lightconversion kit。脚を外すのはなんとなくわかるのですがYoutubeみろとのことなのでこちら参照。4分40秒あたりから。

当然、その分高さが足りなくなるので、軽量化と高さのどちらかをとるかはトレードオフ。Kit自体は軽いので持っていてその場で変えても良さそうです。

また、ボールヘッドの先端はアルカスイス互換。
これも購入の決め手になった方が多いのではないでしょうか。
このスピード感での設置はGif通りで、素早く三脚を展開できます。
購入しての満足感は非常に高いです。

購入の前に申し上げたいこと

公式から通販も開始されていますので、購入者は増えると思いますが、その前にいくつか。

買えるならカーボンをお勧めします
アルミでも結構な重量です。機構的にしょうがないことですが、Ultra Lightconversion kitをつけての運用を前提しないなら、カーボンの購入をお勧めします。私はこの点については、上記の音も含めてカーボンにしたい気分です。

AddOnはほぼほぼ入りません
ファンドページでコメントしていた人がいましたが、アルカスイス互換のStandard Plateが一個付属しています。これ、三脚だと先入観でついていないような気がするんでしょうね。
スパイクを念のため買いましたが、岩場や雪撮影などしないのであればいらないと思います。重量もありますし滑らないのが前提。
Ultra Lightconversion kitは開けてみてからいらんのではないかと思ったAddOnです。スパイクほど手間ではないので、現地に持っていって着脱という使い方がベストだと思いますが、カーボン買っちゃえばそもそも・・・みたいな感じ。

総じて、私のようにアップグレードなら大有りのガジェットだと思います。
すごい便利だし、撮るまでのスピードが確実に上がります。
いい三脚が既にある方は、現状の不満点と相談して決めてください。カーボンなら総じて満足のいく結果になると思いますが、アルミだと上記の欠点が少々目立ちます、とは言っても否定的な意味ではなく惜しいという程度です。

クラファンで久々に満足したガジェットでした。
今年も頑張ってファンドします😆

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。