BLOG

ブログ

たまたま、東京でレタッチ講座があったので受けてみました。
なかなか参考になる内容だったのでアウトプット。

まず写真については、レタッチは必須作業になっている点を注意。
撮って出しの市場がないわけではないですし、それを否定しているわけではないです。しかし、レタッチをした方がいい作品になるし、そうした方が人の心を動かしやすい。そんな話。

そもそも写真とはなんだろうか

哲学的問題ですが、一眼を持ってウキウキしていた当初は記念撮影だったり、思い出作りだったり、そういう演出の道具だと思っていたりしないでしょうか。
私は仕事柄、各種のイベントに携わりますが現場だとフリーに動けるので一眼をよく持ち込んでは写真を撮っていました。できた行列や人混み、汗かいている人を撮っては喜んでいたのですが、結局それは記録であって作品にはなり得ません。

そのうち欲が出てきて、自分なりに上達したい、いいものにしたいと思うようになり、各種講座に通い、ある程度光をみれる程度には成長したと思います。今ですと、ストロボを組んだり、影を見てそこを被写体に重ねたり、撮る前の工夫はできるようになったかと思います。そこに込めるのは気持ちや意気込みだったわけです。
なんでそんな考え方になったかというと、ある方が、写真について、時間を止めるのが撮影だと仰っていまして、面白いなと思いました。一瞬一瞬の撮影ごと、そこに込められた何某かを残していく、そんなものを作るのが写真だと言われた時、記録から作品になったような気がします。

どうやって作品に仕上げるのか

前述の通り、撮影から撮影前までの準備はとても大事です。
習ってきたレタッチ講座ではほぼほぼ前準備にかける時間が大事だと教わりましたし、各種仕事をしている方からすれば段取りがどれだけパフォーマンスに影響を及ぼすかは周知の事実。
そして、撮った後のレタッチでも同様に作品性をあげられる。色合いから光まで、ある程度調整ができる現代では、写真の価値が平等化されつつあれども、作品性については価値観に依存しているので一定ではなく、そこには受け入れられるかられないか、究極的には自分が作品だと思えばそうなる。

問題は作品という定義で、コンセプトが必要だと教わった。
なるほど、どんなものでもコンセプトがあればそこになんらかの哲学が生まれる。そこに向き合ってくれる講師だったのは大変面白く、そして真剣に話し合えた事はとても大きかった。

コンセプト作り

問題はこれが容易ではないのだけれど。
私の場合、青がとにかく好きなので青を基本コンセプトにおいた。
そして人と自然、青と赤、対比が好きなのでそれも必須。
あとはとにかく抜けるような感じが好きなので自由と、大体三つを基本コンセプトに置くととんがれる。

今回一番のお気に入り

とにかく何か三つ。
そしてそれに合わせて舞台や時間、配置や構図を整えて臨む。
それが結局、誰それの写真という強みになるのだと思う。

一度立ち返るのも必要

別段プロとしてやりたいとか、副業は考えていてもそこにコミットするわけではないので、ここに終着点を見出すのも面白いかもしれない。
楽しみながら撮れる瞬間が結局最高なわけで、ひとまずこのコンセプトで自分の作品作りをしていきたいと思う。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。