BLOG

ブログ

休日くらいは好きなことをしたい!
ということで、たまたま隣県でイルコ氏がくるというのを発見して行ってみました。あちこちのカメラ講座で学ばせていただいてますが、今習っていて尊敬している方とは光の扱い方が真逆です。
写真ってアプローチが人の数ほどあるのが面白い。
今回はイルコ氏の技法ではなく、教えてもらった感想なんかをシェアしたいと思います。

まずは楽しかった

本ブログはカメラ始めた時の気持ちをそのまま伝えたいというのが主題です。
習いながら楽しみながら、憧れたり作品見たり、モデルやってくれる友達に感謝しながら成長していくのがとても楽しい。
今回の撮影はプロのフォトグラファーのJIN@S+CAMERACLUB様主催とのことで、プロから色々お話聞けるといいなーと思ったのも参加のきっかけでした。

当日は人数も少なく、モデルさんもすごい楽しい方で気遣っていただいて、すんなり中に入れました。どうしてもプロモデル相手にアマチュアだと緊張しますが、今回は素直に色々お願いしたり、声かけできたりして日頃教えてもらっていることをある程度だせた気がします。

モデルさん相手に心がけたのは

ネガティブにならない=自分を守るのに否定の意を出すカメラマンは多いが、そんなものはいらない。できないならできるようにすればいいし、カメラマンは撮影の全てを握るんだから周りに失敗を伝えなくていい

橘田龍馬

というのが師匠の教えで、これは撮影のみならずプロジェクトを預かる全ての人に通じることだと思う。無論、悪いところなどなく、楽しく進みましたが、自分にとって実戦でもあるわけで、しっかりと心がけて。

イルコ氏っぽくなれるのか?

すごく丁寧に接してくれました。機材も貸していただいて、雰囲気そのままで撮影できます。基本的にカメラはその設定さえわかればある程度近づけるものですから、SS、F値、ISO値を教えてもらって、その通りにセットしていきます。マニュアル撮影は先日の講座でやったばかりですが、慣れてないとやはりあたふた。

ただ、丁寧に教えてもらえるので、ゆっくりでもしっかり操作できるのがありがたいところ。JINさんのサポートやモデルさんのアドバイスなどもいただけるし、躊躇しているとすぐ察してくれて引き出してくれるのは本当にありがたい。

この実戦で学ぶべきは設定ではなく、光の読み方や場所の選定などで、すごく参考になった。基本は1灯で頑張り、背景の雰囲気出す際に2灯を使用する。本では読んで知っていても、実際に著者から教えてもらうのは稀だと思うので、復習のつもりで行くといいかもしれない。
正味3時間みっちりお付き合いいただいて、イルコ氏っぽいのがこれ。

背景をもう少し落とせれば…

基本、バストアップが好きなのか、構図の妙に気づいたのは帰り際でした…

行ってよかったのか?

またいきたいというのが素直な感想。
参加者がすごく綺麗に色を出せていて羨ましく思った次第で、今度はもうちょっと素敵な写真が撮れると思う。
自由にとった写真を皆で見比べながらああだこうだ実践していくのはなかなかない感覚で楽しかった。次も行こうと思う。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。