BLOG

ブログ

前回の記事で無事Lightroomに移行したわけですが、色々と大変なことが…

そもそもClassicと無印の違いって?

操作感。
と一言言ってしまえば楽なのですが、Classicで可能な細かい補正が強みで、無印はクラウド保存や各種端末での操作が強み。
ですが、一番の違いはここ、Classicはプリセットなどが使えるが、無印は使えない!そして僕は基本的に無印を使いたい!

統一してくれないAdobe社様には恐れ多いのですが、なんとか統一してほしい…
というのも、 Classicで現像している勢が一定層確実にあって、プリセットやアドオン、様々な設定を資産としてお持ちの方が多く、本来クラウドやAdobeSensei対応の無印を売り出せない現状があると予測中。技術的問題は将来解決するだろうとしても、私が必要となっているのは今なのだ!

技術の臨界点に解決法はあるのか

まあさして難しいことではありません。
私がやりたいのは、
写真管理や整理>無印 写真の簡単な補正や現像>Classic
にしたいだけです。前述の通り、無印版の管理機能は大変便利で自動タグや生理機能は一度味わうと戻れないほど便利。そして出先での作業に対応できるクラウド保存。デメリット部分を補う形でClassicの運用ができればいいわけです。

なので、やることは簡単で、無印での保存領域にClassicでアクセスできるようにすればいい、というだけ。そして何も難しいことではなく、無印側の保存をローカルにしてしまえばOK。

無印の環境設定>ローカルストレージへ。
ここのオプションにローカル保存するオプションがあるのでこちらをオンにして場所を指定。私はNASのアドレスを指定そこに落とすようにしています。

こちらは無印

その後、該当フォルダをClassic側で読み込みをかけてあげればOK。元ファイル側で編集をかけても、無印側へ反映されます。

Classic、修正が反映されています

今回、使いたいプリセットの関係でこういう強引な手を使いました。
無印の便利機能は本当に便利で、出先にタブレットだけ持って行って露出、色相だけいじってポイとできるのは本当に便利です。反面、アートにしたい、あるいは少し風味をつけたいなどの場合、自分で調整する不便さがあります。

Classicの場合はそこをカバーしてくれる機能があるので、プロが手放せないというのもわかります。
両方のメリットを享受できるので、当面はこの方向でいこうと思います。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。