BLOG

ブログ

長らく我が家で文鎮と化していたのがHomePod。
個人輸入品なので微妙に色々あるガジェットですが、発売から長らく日本語対応がされず、「HeySiri」以下は英語で指示を出すという状況でした。
ですがですが、2019/07/23日頃のアップデートで日本語対応になったとの情報が!
ガジェット好きとしては早速やってみることに。

日本語対応に切り替えるには?

普通であれば英語運用していると思われます。
まずは、「ホーム」アプリからHomePodを一度削除してください。
その後、iPhoneなり母機を近づけて再ペアリングするだけで日本語にしてくれます。

そもそもApple社のスマートスピーカーは使えるのか?

日本発売も決定したわけで問題になるのがその使い勝手だと思います。
私は、
・HomePod
・AmazonEcho各種
・GoogleHome
と市場にあるスマートスピーカーを全部使ってきました。
今落ち着いているのがAmazonEchoで、ここに割って入れるかが鍵になります。

スマートホーム要素ならAmazonEcho一択

せっかくなので広告リンク。
プログラムなどできない一般ユーザー視点だと、スマートホームに対応した動作がわかりやすいのはAmazonEcho各種です。スキルという名称で動作が統合されていてわかりやすい。スキルを導入すればできることが広がるというイメージで間違いありません。

GoogleHomeは以前使っていましたが、Miniだったがゆえに音質の悪さとスマートホーム連携の弱さから売却。iPhoneユーザーは意外と相性が悪い気がします。

HomePodはどうか?

今まではBluetoothスピーカー的な使い方しかできませんでした。Apple製品との連携はさすがで、例えばAppleTVからの出力も設定画面から選べます。遅延もほぼなく、プロジェクターで映画視聴する際は重宝しました。iPhoneやMacからもソフトウェアで出力先を選べるのでいちいちボタンを押したりせず、スムーズに連携できます。

個人的にお気に入りなのは音質で、さすがに発売当初馬鹿高い置物だと揶揄されましたが、測位しているのか音響もよくコスパはともかく、高いスピーカーでした。

今後についてはAppleがスマートホーム市場にどう絡んでくるかによります。
スマートホーム市場自体は飽和しつつあるので、より強固なApple製品とのリンクが必須になると思われます。本場の海外でも売れ行きが今ひとつのようですが、これで盛り返してくれればいいな。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。