BLOG

ブログ

最新iPhone(iPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone X、iPhone 8 Plus、iPhone 7 Plus)に搭載されたポートレートモード。皆様お使いになられてますでしょうか。突如写真を撮りたい場合は、ロック画面から引っ張ってカメラを起動の方が多いと思います。
カメラをスワイプしてポートレートを撮っている方も多いと思いますが、十分時間がある、そして一眼を忘れてきた!という時にオススメなのが、アプリFocos!

カメラアプリと何が違うの?

最新iPhoneのカメラは二つついています。デュアルカメラと言いますが、前述のポートレートモードでのボケの恩恵はここからきています。
カメラアプリだとポートレートモードで撮影して終わりになりますが、Focosではそこから再調整を行えます。

どのくらい再調整できるのか?

F値からピント、有料Verでは撮影レンズまで選べます。しかもそれが後付けでできるという便利さ。条件はただ一つ、デュアルカメラで撮影=ポートレートモードで撮影したか、あるいはFocosで撮影していればOKです。

ボケさせない!
ボケさせる!

iPhoneで十分いい絵が撮れる!
と思いそうですが、一眼には一眼の強みがあるわけで、そこはまた別の機会に。
他にもホワイトバランス、サイズ、さらにはライティング、ApplePencil対応機ならパッチ当てて被写体深度まで調整可能。

3Dで被写体深度まで見れる

メインの撮影でもよし、一眼のバックアップ用にいれておいてもよし

Focos

Focos

Xiaodong Wang無料posted withアプリーチ

一眼をがっつり持っていけないシーンでも便利ですし、入れておいて損のないアプリで、事実私も助けられました。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。