BLOG

ブログ

これがきっと正しいeSIMのあり方。

IIJmio、iPhone XSなどで使えるeSIMプランを発表!

小暮ひさのり つ、ついにフルMVNOの成果が! IIJmioは物理SIMカードを使わず、端末内に備わった 「eSIM」機能を使った通信サービス、「 IIJmioモバイルサービス ライトスタートプラン(eSIMベータ版) 」の提供を発表しました。 IIJは昨年からMNOのコアネットワーク設備の一部を自社で保有・運用する フルMVNOとして、 eSIMの動作検証を進めていました けど、ついにそれがサービスとして始まるわけですね。古来よりのIIJmioユーザーとして、正直めちゃくちゃ待ち望んでましたよ! このeSIMプランは2019年7月18日から提供され、選べるプランは データ通信のみ(ライトスタートプラン:6GBで月額1,520円) となります。 はじめ方は、専用ページから契約手続きを行ない、表示されるバーコードを読み取って、プロファイルをダウンロードするとのこと。iPhone XSやSurface Pro LTE Advancedなど一部のeSIM搭載端末では、APN設定は不要です。プランなどの詳細は こちら をどうぞ。 そして対応端末は、2019年7月4日の段階で以下のようになっています。 ・Microsoft Surface Pro LTE Advanced ・Apple iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR ・Apple 11インチiPad Pro、12.9インチiPad Pro(第3世代)、iPad Air(第3世代), iPad mini(第5世代) ※どれもSIMロックがかかっていないことが条件 僕、iPhone XS Max! SIMロックフリーモデル! やった!試せる! あくまでもデータプランなので、電話番号が入ったメインのSIMカードは必要になりますけど、サブのデータ回線として、メイン回線のデータが枯渇したら切り替える。とかお守り的な運用もできますね〜。しかし、どうやら Apple Watch系には利用できないようです 。これはちょっとしょんぼり。 ちなみに、まだあくまでもベータ版サービスにもかかわらず、みんなおいでよ!的な eSIMデビュー応援キャンペーンが速攻で開かれていて、 ベータとは…いったい? となったのは僕だけでしょうか? まぁ、 IIJmioの本気度が伝わる ってことで。

日本で初じゃないでしょうか。eSIMは海外ニーズが大きいのですが、データのバックアップと、ゆくゆくは二回線目にシフトしていく気がしていて、これが最初のとっかかりになって頂きたい!

本回線をキャリアにしてバックアップ的に使うのが正解か

IIJmioだと、1,500円/6GB
AUだと、6,480円/6GB (データチャージ)
単純比較ですが、この価格差ならば予備回線としてはありか!ただし、データチャージと違い、固定費でかかるのが大きいのでそこをどうペイするかが鍵です。
基本的にキャリア回線を1GBから5GB程度に絞り、1,500円を捻出するのが正しいでしょう。

私の場合ですが、昨今は料金体系が複雑すぎてよほど数学に強くないと解けないフェルマーの定理的なものになっています。なのでキャリア契約については上限ありの定額を選択。
今の所、出張が重ならない限りギガ枯渇はしないので、現在の20GBから7GB上限に変更して、通話料金のオプションを導入しました。
おそらくこれでだいぶ節約できるでしょう。

ゆくゆくはの未来

先にも書きましたが、eSIM回線で音声通話までできるようになると、ちょっとだけ未来が変わる気がします。キャリアを完全プライベートにして、eSIM分を仕事用、とか。昨今は中小企業だとIP電話や携帯電話で会社登録するケースも多いです。その際、二台持ちの選択ではなく一台契約で済むのはとてもスムーズです。

早く来い来いeSIM回線。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。