BLOG

ブログ

Makuakeでクラウドファンド中だったTaptek超薄型ワイヤレスメカニカルキーボードが届きましたので、どんな感じかレビュー!

タイピングが楽しくなるマイ・キーボード Taptek超薄型ワイヤレス メカニカルキーボード

Taptek-The Thinnest Wireless Mac Mechanical Keyboard

ワイヤレスキーボードは当たり外れが激しく、買って流すを繰り返していました。特に重要になってくるのが、1打鍵感 2ペアリングの仕方と変更 の二つです。特に昨今はマルチ環境のユーザーが多く、ペアリング関連の使い勝手は納得できる仕様のものが欲しかったです。
伝説のHHKB BTも試して見ましたが、打鍵感はともかくペアリングを毎回しないとダメな仕様でマルチ環境では使えません

サイズ感はどうなの?

まず気になるのが、薄さ、ですが、薄型16mmでそこからキートップが伸びてる感じです。
全体サイズは以下の通りで、Apple Magic Keyboardよりちょっとだけ大きいサイズ感。

Apple Magic Keyboard(上)

厚さはダンチですが、二台並べると結構カッコいい。

ペアリング/マルチ環境ではどうか?

ファンド欲をそそったのが、

マイ・キーボードの最大の良さは何と言ってもオフィス/自宅/カフェどこでも、PC/タブレット/スマホどんなデバイスでも、一貫して慣れた感触でタイピング作業を能率良くスムーズに操作することができることです。

https://www.makuake.com/project/taptek/

この一文とこの動画。

Fnキーと数字で切り替えられる!これが超絶欲しくて便利そうなのでファンドしました。HHKBBTだとマルチ環境では全くダメです。複数ペアリングも洗練されていません。理想の環境は、Taptekのようにボタンで操作すべき端末が操作でき、ある程度の数のデバイスと常時ペアリングしておける環境です。
3台と常時ペアリングしておけて、私の場合はiPad Mini、Mac、ゲーミングPCにしています。

打鍵感はどうか?

Apple信者的にキーボードはApple製というこだわりがありましたが、ライティングを手がけるようになってキーボードが仕事道具になってからは変わりました。Taptekの場合、カチカチという打鍵感と跳ね返るような小気味良さが筆を勧めてくれ、とても気に入っています。

さらに、ゲームもやる身としては操作性も気になるところです。
助かるのが背面スイッチによる操作方法、出力先の指定。電源のオンオフもここで行います。

Fn+数字でペアリング後、こちらをいじればいいわけですが、基本的にファンクションキーの操作関係だけのようなので、私はMacに固定。
有線接続はUSB-Cを採用し、充電もこちらから行います。Bluetooth経由ですとどうしても遅延や、混線による誤動作がありましたが、ゲーム用途だったらこちらの有線固定がありかもしれない。

さて、ファンドした感想は?

まずはサイズ感的によし、ペアリング関係も一通り入力と操作をして見ましたが良好です。打鍵感もよし。

所有のゲーミングキーボードがダメすぎて、新規を探している状況でした。
ファンド欲をそそってくれる機能紹介に誘われてポチって見ましたが、個人的には大満足の商品です。

特にいいのがペアリング周りで、ワイヤレスキーボードとうたっていても、まともに使えるものは少ないです。特にマルチ環境において、取り回しのしやすさはストレスに直結しますので、Taptekの導入でストレスフリーになったのは大きいです。

打鍵感も高級キーボード並みですし、価格が14,000円前後だとすると悪くないコスパだと思います。
ゲーミングキーボードによくあるマクロや機能を使いこなしている方は早々いると思いませんし、むしろ昨今の競技シーンでは嫌われる傾向にあります。シンプルにただ打ちやすい、文章面でもゲーム面でも満足のいくファンドでした。
久々の当たりだ!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。