BLOG

ブログ

昨日、クラウドファンドについてチマチマ愚痴ともつかない記事をあげさせていただきましたが。

またいっちまったよ!
実のところ一週間ぐらいでしょうか、発表されてからずっと悩んでました。三脚として今使っているのは、

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00JT5W3X4/ref=ppx_yo_dt_b_search_asin_title?ie=UTF8&psc=1

です。
三脚はいらないと思っていましたが、いざ風景を撮り始めたら必須クラスだとわかりました。シャッタースピードいじったりするともう必須。まじNeed。
上記の品も気に入っていたのですが、やはりスペースをとります。バックはすべてPeakDesign社のものなので、こちらも統一しちゃおうということでポチっとな。

PeakDesignなら間違いない

この動画を見てときめかないPeakDesignファンはいないだろう

信者なんです。使い勝手最高。
出会いはEverdayMessangerで常時愛用しています💞

https://www.amazon.co.jp/【国内正規品】PeakDesign-ピークデザイン-エブリデイメッセンジャー-15インチ-BS-BL-1/dp/B017KOK6IO

その後、Backpackから一通り用途別で揃えました。
一番稼働率が高いのがMessangerです。

Travel Tripod by PeakDesignのスペック

Pre-OrderはKickstarterから
まずは、スペックですが、最長154.2cm / 重さアルミで1.56kg カーボンで1.27kg。畳んだ状態で幅7.9cm、長さ39.4cm。耐荷重は9.1kgだそうです。

コンパクトさ!

ちいさ!


三脚は歴代で2本しか使ったことはありませんが、値段的にもスペック的にも完全にプロ仕様。
しかも省スペースで既存の三脚の構造を再定義した感が半端ない。

この独自構造が美しさと省スペースを生み出しているとのこと

芸術的なまでの四角のなさ、というかそういう哲学がPeakDesignにはある。

そして速さ!

三脚でめんどくさいのが組み立て。
ものぐさな自分が悪いのですが、便利さを求める欲が人類をここまで進化させてと言っても過言ではなく。

9.4秒の早業

とにかく早い、そして快適。いちいち足一本ずつ緩めて、伸ばして、閉めてをしないでいい。どうしてこういうことができるかというとロック機構にも再定義がある。

つめ!

さらには雲台。PeakDesignの最初のヒット作はマウントにあるが、その技術を惜しみなくこちらへ使用している。

その他、ボールヘッドなど、様々な機構が用意されている。

お値段も結構強気ですが、US$289から。送料混ぜると38,000円くらいからになります。その値段にあう価値があると思いますので、信者でもそうでない人でもぜひPledgeボタンを。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。