BLOG

ブログ

わが家は2008年に新築し、太陽光パネルを3.03kw分載せています。
契約はでがけの48円。

はい、もろに2019年問題に引っかかるケースです。

5kw程度載せていれば投資としては元が取れると思いますが、それ以下ですと非常に微妙です。また、わが家の場合、あふれんばかりのガジェットが電気を食いまくりまして、売電益は年で考えると24,000円程度ではないでしょうか。
もちろん、パネル本体もでがけの高い時期、元が取れるはずもなく、投資という視点で入れたわけではないのでいいのですが、ここにきてさらに2019年問題。

頭を悩めたTonsokuは今ハウスメーカーが推している蓄電池の話を聞くべく、旅に出たのです。

1 2019年問題とはなんぞ?

まあ単純に、出がけ48円固定買取制度が有利なのは十年間だけで、そこからは価格下げるよ~という話です。現状の想定だと11円が最高値で、見解によって8円とか5円なんて人もいますね。

さらには追い打ちで、太陽光売電における制御装置、いわゆるパワーコンバーターの寿命は10年超というのもあって、社会的需要+買い替え需要に目をつけた各社が頑張って営業している!というのが現状の背景です。

2 そもそも戸建太陽光は儲かるのか?

室温50度超、ソーラー反射光で「熱中症」提訴 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

急増中!太陽光パネルが原因の火事!原因を考察 | ちょっとリアルなウラ話

メガソーラーだと盗難被害もありますね。

メガソーラーの防犯対策 | 防犯のプロ【セキュリティハウス】

と、物理的リスクから予期せぬリスクまである太陽光。
エコだなんだと話題になりましたが、エコが付加価値になると思っているのは一部の方だけで、購買の決定打はやはり利益ではないでしょうか。次に非常時のメリットで、最後の最後くらいにエコだと私は思っています。

さて。
出がけのパネルは高いものでした。発電効率もそれほどいいわけではありません。うちの利益は上記の通り、利回りベースで書くと色々悲しくなるので書きませんがはっきりいえば赤字です。
これが5kwくらいになると、売電ベースで見るとおそらくギリギリ、それ以上ですと投資としてはとても効率のいいものだったはずです。

これは単純な話、面積が多ければ多いほど、初期投資も上がりますが発電量も上がるという資本主義に乗っ取った図式が成立するためです。ただ戸建で4kw以上だとなかなか厳しいと思いますので、初期の集合やメガソーラーの走りの方の目の付け所がよかったというだけでしょう。

3 戸建太陽光はババを引いたのか?

まあ一方で、うちみたいに発電した分、売らずに消費しちゃうという家庭もあるはずで、一概の比較は難しいのですが、投資という視点で見ると間違いなくババです。高い時期に売れず消費しているわけですから。

ここまで散々な目にあった我々ですが、問題は今後で、2019年に売電単価が下がる、その際どうするべきなのでしょうか。

確定事象として、
(1)売り単価は確実に下がるが、買い単価は上がる傾向にある
売り単価はご存知の通り、平成31年度で24から26円/kwh(地域によって変動あり)で、48円の頃からほぼ半値。

一方で購入単価にこっそり潜んでいる再生可能エネルギー賦課金=2012年度(0.22円/kwh)から2017年度(2.64円kwh)までで4倍になっています。電気代も上がる傾向を見せており、もはや制度として破綻が目に見えている政策とも言えます。

(2)電力消費は減る見込みがないどころか上がり続ける
まあ我が家だけかもしれませんが、PCの稼働台数や電力をくう家電は相変わらず、電気を食べて僕らに便利さを提供してくれます。この恩恵から逃げられるか、否!

(2)はいらなかったと思いつつですが、よってお先真っ暗なわけで、そこで出現したのが蓄電池。

4 蓄電池は我が家を救うか?

結論としては救いません。
まず、初期投資で200万円程度かかります。

これを回収するとして、どこで利ざやを出すかと言えば、「昼間使うはずだった電力(我が地区の昼間電力を参考)を安い夜間電力(11円程度)で補うことで出る差」からしかメリットが享受できないわけで、ざっと、我が家の3.03kw分で計算して見ると、およそ25年程度かかります。

仮にこれを5kw分で計算すると母数が増えるのでまた違った数字になるでしょうが、流石に回収までの期間がありすぎて見なかったことにしました。

結果として、昼間太陽光パネルで発電した分をしっかり使い、なるべく大型家電は夜に回すというのが一番の対策になると思います。
発電容量の大きい世帯はまた違った角度が必要です。要するに昼間の発電分使いきれなくなるわけで、そうすると蓄電池のメリットが生きてきます。
やはり何事も大きな母数を持たないとダメですね。

ところで太陽光パネルはガジェットなのかと首を傾げつつ、長文にお付き合いいただいてありがとうございました。参考になれば。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。